みたけさいとう商店のコンセプト

 
「暮らしを大切に、より楽しく、より気持ちよく暮らすために誰もが知っている当たり前にあるもの」をテーマにしています
衣食住にかかわるいろいろを、自分たちで作り、実際に使って本当にいいと思えるものだけを、販売したいと考えています
それがちょっとあるだけで、ごはんが美味しく楽しくなるもの、日々の暮らしが少しだけ豊かになるもの
それらが、極力自分たちの目に見えない場所にしわよせがゆかないもの、持続可能なもの
消費を煽ることにつながらないもの。
使用する食材も木材も、無駄がでないよう最大限利用する努力をしています
もはや、それが一番の目標になっているかもしれません

あるものを最大限に有効活用すること
捨てないこと
捨てるときは、最大限に活用して捨てること
あるものでどこまでできるのか。新しく買って増やすことはたやすい。

できるだけ、あるものでできることを考えていきたいです。考えていかないといけないと思っています。

昔から当たり前に残って来たよいものを、次世代に残せるように。









プロフィール



斉藤健
1982年岐阜県生まれ
県内で就職後、仕事を辞め旅にでる
2012年旅の途中、八ヶ岳の山小屋「黒百合ヒュッテ」で働く
2013年夫婦でみたけさいとう商店を開店
商店を始めると同時に独学で木工を始める
始めは山小屋と商店の二足のわらじだったが、2015年より商店を本格始動
木のもの、畑、企画構想、食品販売準備、洗濯、植物の世話担当



斉藤湯湯
1979年大阪生まれ
京都の芸術系大学修了後(版画専攻)、デザイン会社見習いを経て
2009年より八ヶ岳の山小屋「黒百合ヒュッテ」に就職
小屋仕事全般をやりながら、小屋のお土産物のデザイン等、売店のディレクションに携わる
2013年夫婦でみたけさいとう商店を開店
はじめは商店と山小屋の二足のわらじだったが、退職後、2015年より商店を本格始動
食品開発、事務、広報、ウェブショップ、ブログ、経理、調理、掃除担当





 
上部へ戻る